【アメリカ合衆国】シカゴ市における新型コロナ感染対策措置の緩和(4)

3月 28, 2021

アメリカ合衆国

t f B! P L

【管理人コメント】
アメリカ合衆国、シカゴ市における制限措置についての情報です。3月25日からバー・レストラン等の収容人数制限がさらに緩和されました。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

シカゴ市における新型コロナ感染対策措置の緩和(4)

在シカゴ日本国総領事館 chicago@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

3月25日、シカゴ市は、バー/レストランや会合等に課されていた屋外における収容人数等を、同日から更に緩和すると発表しました。ワクチン接種を完了している、或いは新型コロナウイルスのPCR検査で陰性であった場合でも、収容人数の制限に含まれますので、ご注意ください。詳細は本文と関連リンクを参照ください。

3 月 25 日、シカゴ市は、バー/レストランや会合等に課されていた屋外における収容人数等の制限措置を更に緩和し、以下のとおり変更すると発表しました。屋内における制限措置は現状が維持されます。
※シカゴ市はイリノイ州の第 4 段階ガイドラインをベースとしつつ、シカゴ市独自で同州より厳しい措置を設けており、同州のガイドラインの範囲内で措置を変更することができます。

1 発効日: 2021 年 3 月 25 日(木)から

2 期間
期間は設定されておらず、新規患者数や陽性率等の基準に照らして判断。

3 緩和対象となる主な制限措置
(1)バー/レストラン
(変更点)
・屋外におけるテーブル席の上限人数を、「各テーブル6名」から「各テーブル10名」へと変更。
※屋内の上限人数に関しては「各テーブル6名」で変更ありません
・屋外/屋内におけるバーカウンターの着席人数は1グループ4名を上限とする。
(2)社会的活動(結婚式、持ち寄りパーティ、その他の地域行事など)
(変更点)
「屋内および屋外とも定員の 50%または50 人のいずれか少ない方」から「屋外は定員の 50%または 100 人のいずれか少ない方」へと変更。
※屋内の上限人数に関しては、「定員の 50%または50 人のいずれか少ない方」で変更ありません。
(3)公演会場、劇場、着席観客イベント
・定員200人以上の収容能力を持つ屋外会場は、定員の25%を上限とする。
・定員200人未満の収容能力を持つ屋外会場は、定員の50%または50人のいずれか少ない方を上限とする。
※屋内の上限人数に関しては、「定員の50%または最大50人のいずれか少ない方」で変更ありません。
(4)屋外リクリエーション
・1グループの上限人数は50人。 複数のグループが同時に活動することは可能。
※屋内の上限人数は「定員の50%または最大50人のいずれか少ない方」で変更ありません。
(5)礼拝場
・屋外の人数制限なし。ただし6フィートの社会的距離を維持すること。
※屋内の上限人数は、「定員の50%または最大50人のいずれか少ない方」で変更ありません。
(6)ヘルス&フィットネスセンター
・屋外では上限100人とする。
※屋内の上限人数は、「定員の50%。グループによるクラスは最大50人を上限とする」で変更ありません。

4 上記それぞれの環境下で、異なるグループ同士は6フィートの物理的距離を維持する必要があります。また、ワクチン接種を完了している、或いは新型コロナウイルスのPCR検査で陰性であった場合でも、収容人数の制限に含まれますので、ご注意ください。

5 その他各分野のガイドラインについては、下記のイリノイ州復興計画第 4 段階ガイドライン、シカゴ市の復興計画第 4 段階ガイドライン、収容人数ガイドラインをご参照ください。
(イリノイ州)
https://dceocovid19resources.com/restore-illinois-phase-4/

(シカゴ市)
https://www.chicago.gov/city/en/sites/covid-19/home/reopening-business-portal.html
https://www.chicago.gov/content/dam/city/sites/covid/reopen-businesses-portal/guidelines/BeSafe.Capacity-Limitations-City-of-Chicago-Phase-4-Guidelines.pdf

在留邦人の皆様におかれては、ご自身のお住まいや職場がどの地域に属するのか確認しつつ、良き市民として引き続き外出時におけるマスクの着用、社会的距離の維持等に努め、関連情報の収集に努めてください。

当館連絡先
Tel: (312) 280-0400(24 時間対応)(注)
Fax: (312) 280-9568 Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp
(注)コロナウイルス感染症予防のため、現在業務体制を縮小しております。平日午前9時15分から午後5時までは音声案内に従って操作しますと担当部門につながります。土曜・日曜・祝祭日、平日午後5時以降、翌日午前9時15分まで(事件、事故、その他緊急の用件)は、音声に従って操作しますと、閉館時の緊急電話受付につながります。

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ