【モンゴル】バヤンズルフ区第26ホローの封鎖措置について(3月21日午後11時まで)

3月 17, 2021

モンゴル

t f B! P L

【管理人コメント】
モンゴルにおける制限措置についての情報です。クラスターが発生する危険性が生じたとして3月17にtいから3月21日までの間一部地域を封鎖する措置が取られます。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

バヤンズルフ区第26ホローの封鎖措置について(3月21日午後11時まで)

在モンゴル日本国大使館 mn@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

3月16日、ウランバートル市バヤンズルフ区は、バヤンズルフ区第26ホロー内で、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生する危険性が生じたため、3月17日午前6時から3月21日午後11時までの間、同ホローに対する封鎖措置を講じる決定をしました。

同措置に伴い発令されたバヤンズルフ区長令の概要は次のとおりです。

1 バヤンズルフ区第26ホローにおいて、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生する危険性が生じたため、2021年3月17日6時から2021年3月21日23時まで同ホローを封鎖する。
2 同区のフンヌ通り(ホームプラザ東交差点からジャンジン市場まで)、イフフレー通り(国立公園北西交差点からナラントール市場南西交差点まで)、サロールアパートメント北側のトンネル及びバヤンモンゴルアパートメント北側トンネルにおいて車両及び歩行者の通行が制限される。
3 同ホローの住民を対象にPCR検査を実施する。
4 同ホロー内における食料品店及び薬局の営業以外の活動を禁止するとともに同ホロー内おけるアルコール飲料の販売を禁止する。

ウランバートル市内では、連日、100名を超える新規感染者が確認されており、感染経路不明の症例も散見されるなど予断を許さない状況が続いています。そのため、在留邦人の皆様におかれましては、外出時にマスクの着用を徹底する、不要不急の外出や人ごみを避ける、手指の消毒をこまめに行うなどの感染防止対策を確実に講じて下さいますようお願い申し上げます。

【問い合わせ窓口】
在モンゴル日本国大使館 領事・警備班
EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA
C.P.O.Box 1011
Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia
電 話:(976)11-320777 開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45
FAX:(976)11-313332 メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp
休日・夜間の緊急連絡先:(976)7004-5004

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ