【ラトビア】非常事態宣言期間の終了及び国内措置の変更について(4月7日より)

4月 02, 2021

ラトビア

t f B! P L

【管理人コメント】
ラトビアにおける制限措置についての情報です。現行の非常事態宣言を4月6日で終了し、4月7日から国内措置を変更するとの発表です。一定の条件の下店舗の営業再開等が可能となります。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

非常事態宣言期間の終了及び国内措置の変更について(4月7日より)

在ラトビア日本国大使館 lv@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

●ラトビア政府は、非常事態宣言を4月6日を以て終了し,4月7日より国内措置を変更することを発表しました。
●一定の条件のもと,対面式での授業や店舗の営業等が可能となります。
●4月1日現在の新規感染者数は638名,死亡者は14名,過去14日間の人口10万人あたりの新規感染者数は372.1と、なお高い水準が続いています。マスクの着用などラトビア政府の規制等を遵守し、一層の感染防止に努めるようにしてください。

 ラトビア政府は、非常事態宣言期間を4月6日で終了する一方で,これまでの疫学的安全対策を改正し,4月7日より国内防疫措置を以下のとおり変更することを決定しました。一部は以下の通り緩和されますが,今後感染者数が急増する場合には新たな措置を導入する可能性もあるとのことです。

1 教育
・就学前教育機関では、実地教育が可能です。また、職員は勤務中、口と鼻を覆うことが義務づけられています。週に1度、コロナウィルスの検査が従業員に対して実施されます。
・引き続きリモートでの教育が行われますが,過去2週間における10万人あたりの感染者数が200を超えない自治体は、グレード1から6及びグレード12については対面式での授業可,グレード7からグレード11については互いに重複しないように交替で対面式の授業を行うことができます。教育施設は疫学的要件の遵守や職員への検査を行う必要があります。
・個別の対面での面談は、ラトビア全土において12年生の生徒と学校を中退するリスクのある生徒、および2021年前期に国家試験に合格しなければならない生徒に対し実施可能です。実地での面談は、疫学的安全対策に従って、教師の個別の招待があった場合にのみ40分を超えない範囲で行われます。
・過去2週間における10万人あたりの感染者数が200を超える自治体はグレード12に対しては週に2回まで対面での訓練を行うことができます。他の学年については週に5回まで,1グループあたり最大10名までの対面授業が可能です。
・屋外での職業教育,興味に基づく教育,芸術グループの対面授業は10名まで可能です。

2 公共交通機関
 公共交通機関の換気や車両の定期的な消毒、マスク着用、乗客は総数の50%を超えてはならないという条件は引き続き有効です。

3 集会
・公共イベント,私的イベントは引き続き原則禁止ですが,屋外での行進やデモは最大10名まで可能です。
・2世帯10名まで屋外で私的に会うことが可能です。
・葬儀や緊急の洗礼式は2世帯10名以内,他の人と距離を保ち鼻と口を覆った上で実施可能です。

4 販売及び営業時間
・売り場面積が7000平米以上のショッピングセンター以外の店舗は,売り場面積や商品の種類を問わず感染予防対策を実施の上,営業可能です。
・売り場面積が7000平米以上のショッピングセンターにおいては食料品店,衛生用品店,薬局,眼鏡店,花屋,書店,プレス出版物店のみ営業可です。また,クリーニング店,金融施設,修理サービス店も営業可能です。
・路上での娯楽イベントを伴わない販売や見本市も実施可能です。20店まで出店可能であり,店舗間は互いに2メートルあける必要があります。
・これまでと同様に店舗では1人あたり25平米を確保することとなっており、買い物はマスク着用の上、1人で行う必要があります。(12歳未満の子どもや支援が必要な場合を除く)また、店舗側が収容人数制限をする必要があるため、引き続き買い物かごやカートを使用してください。

5 飲食店
・今後疫学的状況が十分改善すれば屋外での提供が可能になる見込みですが当面は引き続き持ち帰りのみ提供可能です。

 ラトビアの4月1日の感染者数は638名,死亡者は14名,過去14日間の人口10万人あたりの新規感染者数は372.1となっています。欧州各国においては、このところ増加する国が多いため、新規感染者数は多い方から数えて17番目となりましたが、なお高い水準が続いています。非常事態宣言期間は6日に終了することとなりましたが,また人出の増える季節となってきましたので,今一度手洗いの励行(本メール最終ラインのリンクにある正しい手洗い方法参照)を確認するほか,マスクの着用をはじめとするラトビア政府の規制等を遵守し、再度感染防止策を徹底し、感染防止に努めるようにしてください。

 【参考】
疫学的安全対策(ラトビア語)
https://likumi.lv/ta/id/315304-epidemiologiskas-drosibas-pasakumi-covid-19-infekcijas-izplatibas-ierobezosanai
Covid-19
(ラトビア政府による情報提供サイト)
https://covid19.gov.lv/en
COVIDpass(ラトビア入国時の質問票入力サイト)
https://covidpass.lv/
ラトビア疾病管理予防センター(過去14日間における人口10万人あたりの感染者数)(毎週金曜更新)
https://www.spkc.gov.lv/lv/valstu-saslimstibas-raditaji-ar-covid-19-0
Re-open
 EU(EU域内各国の国境措置(入国の可否や自己隔離の要否等)
https://reopen.europa.eu/en
外務省海外安全ホームページ:各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
正しい手洗い方法(厚生労働省YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=Eph4Jmz244A&feature=emb_logo

2021年4月1日
在ラトビア日本国大使館より
(代表)+371-6781-2001

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ