【ポルトガル】新型コロナウイルス関連情報(非常事態宣言の延長及び段階的緩和措置の実施)

4月 17, 2021

ポルトガル

t f B! P L

【管理人コメント】
ポルトガルにおける制限措置についての情報です。現行の非常事態宣言が4月30日まで延長が決定しました。また感染指標に基づいた段階的緩和措置についての情報も含まれています。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

新型コロナウイルス関連情報(非常事態宣言の延長及び段階的緩和措置の実施)

在ポルトガル日本国大使館 pt@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

○4月14日、ポルトガル政府は、非常事態宣言を4月30日23時59分まで延長することを決定しました(15日に関連閣議)。
○新型コロナウイルス対策の活動制限措置のうち、4月19日から緩和される項目は以下1.のとおりです。
○なお、過去14日間の感染指標に基づき、以下2.の市には今次措置の緩和が適用されませんのでご留意ください。

1.緩和項目(第三段階)
-高校生及び大学生以上の通学(感染状況指標にかかわらず大陸部の全市にて)。
-全ての店舗とショッピングセンターの開店。
-レストラン、カフェ、ペイストリーショップ(ただし店内最大4人/席、テラスで最大6人/席)は平日22:30、週末・休日は13時まで。
-映画館、劇場、講堂、観劇場。
-市民行政サービス窓口の対面業務、ただし予約制。
-中リスクのスポーツ種目。
-最大6人の屋外での運動。
-収容を制限した屋外イベント(100平米当たり5人)。
-定員の25%までの結婚式と洗礼式。

なお、(他の個別規定が無い限り)4月19日以降も、次の一般的ルールは継続的に有効です。
-店舗の営業時間は、平日は21時まで、週末・休日は13時(食品小売の場合は19時)まで。
-在宅勤務(テレワーク)は可能な限り引き続き必須。

2.今次緩和が適用されない市
(1)過去14日間継続的に指標(人口10万人当たりの感染者数)が120以上の以下の7市は、現状措置を維持(緩和せず第二段階に留まる)。
アランドロアル、アルブフェイラ、ベージャ、カレガル・ド・サル、フィゲイラ・ダ・フォス、マリーニャ・グランデ、ペネーラ
(2)過去14日間継続的に上記指標が240以上の以下の4市は、措置を後退させる(第一段階に戻る)。
モウラ、オデミーラ、ポルティマォン、リオ・マイオール

【連絡先】
 在ポルトガル日本国大使館 領事班
 電話:+351-21-311-0560
 FAX :+351-21-353-7600
 Email:consular@lb.mofa.go.jp

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ