【スロベニア】新型コロナウイルス関連情報(7月12日現在:入国制限措置の大幅な変更)

7月 13, 2021

スロベニア

t f B! P L

【管理人コメント】
スロベニアにおける水際措置についての情報です。7月15日以降入国制限措置が大幅に変更されます。往来制限国のカテゴリーが廃止され、別途の入国制限が実施されます。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

新型コロナウイルス関連情報(7月12日現在:入国制限措置の大幅な変更)

在スロベニア日本国大使館 si@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

○ポイント
●7月12日、スロベニア政府は、入国制限に係る措置を大幅に変更しました。詳しくは本文をご確認ください。
●最新情報を入手し、感染予防に努めて下さい。

○本文
7月12日、スロベニア政府は、入国制限に係る措置を大幅に変更しました。7月15日から有効となる入国制限措置の概要は以下のとおりです。

1 往来制限国のカテゴリーの廃止
 スロベニア政府は、7月15日から、これまで色別に分類していた往来制限国のカテゴリー(グリーン国、オレンジ国、レッド国、ダークレッド国)をすべて廃止し、以下2のとおり入国制限措置が実施されます。

2 入国制限措置(7月15日から有効)
(1)スロベニアに滞在先を確保されている方
 原則、10日間の自主隔離が必要となりますが、以下の証明書を有する方は、自主隔離が免除されます。
 ア PCR検査(72時間以内)または簡易抗原検査(48時間以内)による陰性証明書
 入国時の証明として提出するPCR検査による陰性(陽性)証明書または簡易抗原検査による陰性証明書及び新型コロナウイルス感染症からの回復証明の発行国として認められているのは、EU、シェンゲン圏、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イスラエル、ロシア、セルビア、トルコなどとなっており、日本は含まれておりませんのでご注意ください。
 なお、当地関係者によれば、リュブリャナ空港到着時に簡易抗原検査を受けることは可能です。

 イ PCR検査による陽性結果(10日以降6か月以内)

 ウ 新型コロナウイルス感染症からの回復証明(6ヶ月以内)

 エ ワクチン接種証明書
 スロベニア政府は、ホームページにおいて、ワクチン接種証明書に以下の情報が記載されていれば、有効なワクチン接種証明書として認められる旨の情報を掲載しています。(英語又はドイツ語に翻訳されていることを推奨)
  ○氏名
  ○生年月日
  ○個人識別番号または健康保険番号またはその他の識別子
  ○ワクチンの種類に関する情報(メーカー,バッチ(batch),投与番号,ワクチン接種日)
  ○証明書または証明を発行した機関に関する情報
  詳細は、以下のスロベニア政府のHPをご確認ください。
  https://www.gov.si/en/topics/coronavirus-disease-covid-19/border-crossing/

 また、認められるワクチンの種類及び必要とされる接種後の経過日数はつぎのとおりです。
  ●1回目の接種から少なくとも14日間が経過している
  ・ジョンソン・アンド・ジョンソン/ヤンセン・シラグ製ワクチン
  ●1回目の接種から少なくとも21日が経過している
  ・アストラゼネカ製ワクチン
  ・アストラゼネカ/セラム・インスティチュート・オブ・インディア製ワクチン(インド)
  ●2回目の接種から少なくとも7日間が経過している
  ・ビオンテック/ファイザー製ワクチン
  ●2回目の接種から少なくとも14日間が経過している
  ・モデルナ製ワクチン
  ・スプートニクV(国立ガマレヤ研究所(ロシア)製)
  ・シノバック・バイオテック製(中国)ワクチン
  ・シノファーム製(中国)ワクチン

 オ 新型コロナウイルス感染症からの回復証明とワクチン接種証明の同時提出(以下のいずれか)
 ・新型コロナウイルス感染症からの回復証明(8ヶ月以内)およびワクチン接種証明(1回目)
 ・PCR検査による新型コロナウイルス陽性の証明(8か月以内)およびワクチン接種証明(1回目)
 (注)上記アからオの証明は、EUデジタル新型コロナ証明書又は第三国のデジタル新型コロナ証明書(QRコード付き、英語表記)による証明も認められます。

(2)スロベニアに滞在先が確保されていない方
 スロベニアにおける滞在先が確保されていない方で、上記証明書を有していない方は、入国が認められません。

(3)その他自主隔離及び上記証明書が免除される特例
 以下の特例に該当する方は、自主隔離及び上記証明書が免除されます。
 ア 15歳未満の子どもで、スロベニアに於いて自主隔離等の入国制限を必要としない親族と入国する者、または入国制限を必要としない教師等に引率された団体として入国する者
 イ 国境地帯または国境にまたがり私有地を有するもしくは賃貸する者で、農林作業を行い、10時間以内にスロベニアに戻る者(同居する同伴者にも適用)

【参考情報】
1.新型コロナウイルス感染症に関連する各種問い合わせ先につい
スロベニア政府はホームページで、以下の連絡先について紹介しておりますので、共有いたします。
(1)自主隔離(自己検疫)に関連する情報は、下記の保健省の連絡先から入手できます。
電話番号:+386 (0)1 478 68 48 (8時30分から15時30分まで)
メール:karantena.mz@gov.si
(2)スロベニア国立公衆衛生研究所は、国内状況や感染予防の方法等について公開しています。健康に関する推奨事項と指示については、国立公衆衛生研究所にご連絡ください。また、国立衛生研究所のウェブページ(主にスロベニア語)からも確認できます。
https://www.nijz.si/
電話番号:+386 (0)1 2441 729
(3)国境通過に関する質問については、下記の警察のコールセンター(新型コロナウイルス関連の情報提供)もしくは、メールでお問い合わせください。
電話番号:+386 (0)1 514 70 01
メール:info.koronavirus@policija.si
(4)領事に関連する質問については、スロベニア外務省にお問い合わせください。
電話番号:+386 (0)1 478 20 10
2.外務省海外安全ホームページ
本サイトでは、各国・地域での新型コロナウイルスの発生状況、新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)等の情報を掲載しています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
3.たびレジ簡易登録
本サービスは、メールアドレスとメール配信を希望する国・地域を選択するだけで、当該在外公館から領事メールを受信することが出来ます。ぜひご活用下さい。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/register
4.新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
5.新型コロナウイルス感染症に関する情報について(厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
6.リュブリャナ空港ホームページ
https://www.fraport-slovenija.si/en/Main
7.スロベニア政府の下記のツイッターアカウント等で、随時情報発信が行われておりますので、こちらもご確認ください。
●政府(英語):https://twitter.com/govslovenia
●政府(スロベニア語):https://twitter.com/vladars
(英語版と若干内容が異なります。)
●外務省:https://twitter.com/mzzrs
(主にスロベニア語)
●保健省:https://twitter.com/minzdravje
(主にスロベニア語)

Embassy of Japan in Slovenia /
Veleposlanistvo Japonske v Sloveniji
Trg republike 3/XI, 1000 Ljubljana
tel: +386 1 200 8281
fax: +386 1 251 1822
http://www.si.emb-japan.go.jp/ 
email: info@s2.mofa.go.jp

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ