【インドネシア】インドネシア政府によるジャワ・バリでの活動制限の延長(内務大臣指示の発出)

9月 21, 2021

インドネシア

t f B! P L

【管理人コメント】
インドネシアにおける制限措置についての情報です。ジャワ・バリでの活動制限が10月4日まで延長されました。活動制限レベル2及び3の地域では活動制限が一部緩和されています。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

インドネシア政府によるジャワ・バリでの活動制限の延長(内務大臣指示の発出)

在インドネシア日本国大使館 jakarta@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

●ジャワ・バリでの活動制限が10月4日まで延長されました。
●ジャカルタ首都圏、西ジャワ州バンドン市、東ジャワ州スラバヤ市、ジョグジャカルタ特別州、バリ州等の活動制限レベルは、引き続きレベル3とされています。
●活動制限レベル2及び3の地域で活動制限が一部緩和されました

1.9月20日、ティト内務大臣は、ジャワ・バリでの活動制限を、10月4日まで延長する旨の内務大臣指示(2021年43号)を発出しました。

2.同内務大臣指示では、ジャカルタ首都圏(ジャカルタ首都特別州、バンテン州タンゲラン県、タンゲラン市、南タンゲラン市、西ジャワ州デポック市、ボゴール県、ボゴール市、ブカシ県、ブカシ市)、西ジャワ州のバンドン市及びその周辺地域、東ジャワ州のスラバヤ市及びその周辺地域、ジョグジャカルタ特別州、バリ州等の活動制限レベルは引き続きレベル3とされました。ジャワ・バリ域内では、活動制限レベル4に区分された地域はなくなりました。

3.ジャワ・バリの活動制限レベル3の内容の主な変更点は以下のとおりです。従来の活動制限については、9月15日付け当館お知らせ( https://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase21_178.html )を参照してください。
(1)必須分野(esensial)及び重要分野(kritikal)に該当しない業種について、出勤率を25%まで可能とする。出勤できるのはワクチン接種済みの従業員のみとし、職場の出入りには、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニングを行う。
(2)隔離目的以外のホテル活動
ア 全ての訪問客と従業員に対して、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニングを行う。アプリで「グリーン」または「イエロー」が表示された訪問客は入場可。12歳未満の訪問客の入場については、検体採取後24時間以内の抗原検査または48時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要。
イ 施設の利用は収容率の50%まで可。
ウ ジム、会議室、ボールルームは、アプリ「Peduli Lindungi」を使用する条件の下で、収容率の50%まで利用可。会議室やボールルームで提供する飲食物はボックスでの提供とし、ビュッフェ形式での提供は禁止。
(3)ジャカルタ首都特別州、西ジャワ州バンドン市、東ジャワ州スラバヤ市のみで試験的に許可されていた屋内独立型飲食店での店内飲食は、活動制限レベル3の全地域で許可。営業午後9時まで、収容率50%まで、1テーブルあたり2人までとし、60分以内の飲食時間制限は継続。
(4)夜間のみ営業する飲食店
ア 営業時間は午後6時から午後12時まで可。
イ 収容率は25%までとし、1テーブルあたり2人まで。飲食時間は60分以内。
ウ 全ての訪問客及び従業員に対して、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニングを行う。
(5)スポーツ施設内の飲食店での店内飲食の収容率を50%までに緩和。
(6)ジャカルタ首都特別州、西ジャワ州バンドン市、ジョグジャカルタ州ジョグジャカルタ市、東ジャワ州スラバヤ市の域内のショッピングモールに限り、保護者が同行することを条件に、12歳未満の入場を許可。
(7)試験的に許可されていた映画館の営業を、許可。アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニングで、「グリーン」または「イエロー」が表示された者は入場可。収容率50%までとし、12歳未満は入場禁止。

4.外国からの入国地点について、以下を追加する。
海路:リアウ諸島州ビンタン島タンジュンピナン
陸路:東ヌサトゥンガラ州モタアイン
なお、空路については、スカルノ・ハッタ空港と北スラウェシ州マナドのサム・ラトゥランギ空港のみで、変更なし。

5.インドネシアにおける新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。邦人の皆様におかれても、最新の関連情報の入手に努めてください。居住地・活動地の地方政府が定める対象地域や活動制限の内容については、各地方政府の発表等最新の関連情報の入手に努めてください。引き続き、感染状況等に注意し、緊急性を伴わない移動はできるだけ延期するなど、安全確保に努めてください。


在インドネシア日本国大使館 領事部
○大使館代表電話:021-3192-4308(24時間連絡可能)
平日の執務時間外・休日における緊急の用件には、緊急電話受付オペレーターにつながりますので用件をお伝えいただければ、担当者より折り返し御連絡させていただきます。
※ 夜間・休日に回線障害などで緊急電話受付につながりにくい場合:+62-21-5099-6971
○新型コロナウイルス関連相談の専用番号
(開館日:午前9時~午後12時30分,午後1時30分~午後4時45分)
 :021-3983-9793,021-3983-9794
メール:oshirase@dj.mofa.go.jp
○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
             http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ