【マレーシア】【新型コロナウイルス】「国家回復計画」規制(SOP)緩和及びトレンガヌ州の同計画第三段階への移行(2021年9月16日)

9月 17, 2021

マレーシア

t f B! P L

【管理人コメント】
マレーシアにおける制限措置についての情報です。「国家回復計画」について、規制(SOP)の一部緩和とトレンガヌ州は9月17日から第3段階に移行することが発表されました。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

【新型コロナウイルス】「国家回復計画」規制(SOP)緩和及びトレンガヌ州の同計画第三段階への移行(2021年9月16日)

在マレーシア日本国大使館 my@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

9月15日、イスマイル・サブリ首相が「国家回復計画」について発表しました。
(1)トレンガヌ州は、9月17日から同計画第三段階に移行。
(2)社会分野及び経済分野における同計画の規制(SOP)緩和

1 社会分野におけるSOP緩和(許可される事項)
(注:施行日は明記されていませんが、9月17日と報じられています。)
●第二段階
・航空、陸上交通の教習所
●第一及び第二段階
・両親が働く子供たちのための幼稚園、保育園、デイケアセンター等(これらの施設で勤務する者はワクチン接種を完了していなければならない)
・【ワクチン接種完了者】池での釣り(第一段階:同一地区内で午前6時から午後8時まで、第二段階:同一州内で午前6時から午後10時まで)
●第二及び第三段階       
・【ワクチン接種完了者】身体接触を伴うスポーツ及びレクリエーション活動(屋内外)
・【ワクチン接種完了者】サッカー等の身体接触を伴うチームで行うスポーツ及びレクリエーション活動(管理された施設において施設の定員内)
・【ワクチン接種完了者】エアロビクス等の集団で実施する運動(指導者の監督の下、施設の定員の50パーセントまたは50人のより少ない方の人数以下)
●すべての段階
・イスラム教の墓参(州宗教当局の規制に従うこと)
・イスラム教以外の宗教の墓参(国民統合省の規制に従うこと)
・【ワクチン接種完了者】クルーズ船(定員の50パーセント以下。乗員も全員ワクチン接種完了)

2 経済分野におけるSOP緩和(許可される事項等)(9月17日から施行)
●第一段階
・鉱物資源の供給及び配送
・鉱物採掘場の保守作業及び稼働
・鉱物資源の輸出
・木材及びケナフのプランテーション操業
・写真用品店・写真店、中古品店、花屋、工芸品・土産物店、アンティークショップ、玩具店、カーペット店、クリエイティブ作品関連店舗、アウトドア用品店、化粧品・香水店、たばこ店(いずれもワクチン接種についての規制に従うこと)
●第二段階
・民間事業所に出勤可能な人数
60パーセントの従業員(40パーセントがワクチン接種完了の場合)
80パーセントの従業員(60パーセントがワクチン接種完了の場合)
100パーセントの従業員(80パーセントがワクチン接種完了の場合)
・【ワクチン接種完了者】事業用車両には定員まで乗車可能。
・家具工場
●第二及び第三段階
・森林管理セクター
●第二、第三及び第四段階
・【ワクチン接種完了者】対面での会合

●イスマイル・サブリ首相の発表の詳細は以下をご確認ください。
https://www.pmo.gov.my/ms/2021/09/kenyataan-media-berkaitan-kelonggaran-prosedur-operasi-standard-sop-dan-peralihan-fasa-2/

●ワクチン接種完了者への緩和措置についてのこれまでの発表の概要は、以下をご確認ください。
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_09082021.html
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/kansenjyoukyou.html

●SOPの詳細は「国家回復計画」ウェブサイトまたはNSCウェブサイトをご確認ください。
https://pelanpemulihannegara.gov.my/selangor/index-en.html (英語)
https://www.mkn.gov.my/web/ms/sop-perintah-kawalan-pergerakan/ (マレー語)

○マレーシア全体では減少傾向にあるものの、一部地域では引き続き増加傾向にあり、多数の新型コロナウイルス感染者が報告されています。直近の感染状況については、以下保健省ウェブサイトをご参照ください。また、感染した場合など、ご不安な場合は当館までご相談ください。
https://covidnow.moh.gov.my/cases

○不要不急の外出は控え、今後も、SOPの順守に加え、人混みを避ける行動や、適切なマスクの着用、うがい・手洗いの励行など、基本的な感染症予防対策に努めてください。

○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0
当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html

○また、サバ州東海岸のうち、サンダカン、ラハ・ダトゥ、クナ及びセンポルナ周辺地域に危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が、サバ州東海岸のうち上記「レベル3」発出以外の地域(タワウを含む)に危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が発出されています。

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。

(現地公館連絡先)
〇在マレーシア日本国大使館
住所:No.11, Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia
電話:(03)2177-2600(代表)
ホームページ: https://www.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

〇在コタキナバル領事事務所
住所:No.18, Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
電話:(088)254-169
ホームページ: https://www.kotakinabalu.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ