【アメリカ合衆国】新型コロナウイルス関連情報(NY市の新たなワクチン接種の義務化)

12月 09, 2021

アメリカ合衆国 ワクチン関連情報

t f B! P L

【管理人コメント】
アメリカ合衆国における新型コロナ関連情報です。NY市内における民間企業従業に対して12月27日以降ワクチン接種を義務付けるとの内容が含まれています。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

新型コロナウイルス関連情報(NY市の新たなワクチン接種の義務化)

在ニューヨーク日本国総領事館 ny@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

 6日、デブラジオNY市長は、ニューヨーク市内における民間企業従業員に対するワクチン接種を義務化する等の新たな措置について発表しましたところ、概要以下のとおりです。

1 特定施設関係者のワクチン接種義務化
「Key to NYC」プログラムを大幅に改定し、屋内飲食店、フィットネス施設、エンターテイメント施設等の従業員や客に対し、米国内で初めてワクチン接種を義務付ける。

2 児童のワクチン接種義務化
(1)12月14日以降、5歳~11歳の児童についても、これらの施設利用時は最低1回のワクチン接種証明書の提示が義務付けられる。また、12月27日以降、12歳以上の児童は2回のワクチン接種証明書の提示が義務付けられる(ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン接種者を除く)。
(2)12月14日以降、5歳~11歳の児童が感染リスクの高い課外活動(スポーツ、バンド、オーケストラ、ダンスなど)に参加する際も、ワクチン接種を義務付ける。

3 民間企業従業員のワクチン接種義務化
 12月27日以降、民間企業の従業員に対し、ワクチン接種を義務付ける。本件義務化はNY市内の約18万4千の企業に適用される。12月15日に施行細則や合理的な配慮に関するガイダンスや小規模事業者への支援提供について発表する予定。

4 その他
(1)ワクチン接種証明の手段として、従来どおり、CDC発行のワクチンカード、NY州発行のExcelsior Pass、Clear Health Pass、NYC COVID Safe Appなどが認められる。
(2)今回の拡大措置は、最近発表された市職員、保育士、公立学校の職員に対する予防接種の義務化の延長として位置づけられる。現在、市職員の94%がワクチンを接種済みであり、市民全体では約650万人(成人の89%)、5~11歳の子どもでは約12万5千人以上が、すでに少なくとも1回のワクチン接種を行っている

【NYCホームページ】
https://www1.nyc.gov/office-of-the-mayor/news/807-21/mayor-de-blasio-vaccine-mandate-private-sector-workers-major-expansions-to


 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレスまたは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております

【問い合わせ先】
在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue、 18th Floor、 New York、 NY 10171
TEL:(212)-371-8222
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/ 

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ