【インド】西ベンガル州のロックダウン期間延長について (対象期間:令和4年2月1日~2月15日)

2月 02, 2022

インド

t f B! P L

【管理人コメント】
インドにおける制限措置についての情報です。西ベンガル州における現行のロックダウン措置が2月15日まで延長されました。一部制限内容が緩和されています。詳細は以下およびリンクにてご確認ください。

【以下引用】

西ベンガル州のロックダウン期間延長について (対象期間:令和4年2月1日~2月15日)

在コルカタ日本国総領事館 calcutt@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

西ベンガル州政府は、令和4年1月31日(月)までの期限で、州内全域で実施しているロックダウン措置を2月15日(火)まで延長することを発表しました。
 また、制限内容の緩和についても発表しています。

 今回発表された制限緩和措置の内容は、次のとおりです。
1 5年生から7年生までのクラスは、Paray Shikshalaya(各地区で開催される少人数クラス)を、2月3日から開校する。8年生から12年生までのクラス及び大学、専門学校等は、2月3日から 開校する。
2 地下鉄及びローカル線は、定員の75%の乗客数で運行する。
3 政府機関及び民間企業の出勤は、全職員の75%までとする。
4 すべての屋内および屋外のスポーツ施設は、その会場の収容人数の75%の範囲で開館可能。
5 文化行事、行政関連行事、結婚式含む社会的行事は、会場の収容人数の75%の範囲で開催可能。
6 レストラン、バー、映画館、美容院、ジム等は、収容人数の75%の範囲で営業可能。また、公園、遊園地、動物園、博物館、観光施設は定員の75%の範囲で開園可能。



 なお、夜間外出禁止は、午後11時から翌午前5時の間までに時間が短縮されましたが、引き続き実施されますので、御注意ください。
※ ただし、エッセンシャルサービスや緊急時の移動は、夜間外出禁止令の対象外

 今後、ロックダウンの更なる延長、制限内容の変更などといった可能性もありますので、公的機関や報道等から引き続き情報収集に努めてください。

 また、在留邦人の皆様におかれては、マスクの着用、3密の回避、ソーシャルディスタンスの確保、頻繁な手洗い及び手指消毒など、引き続き感染対策に御注意ください。
【御参考:西ベンガル州政府ホームページ】
(1)西ベンガル州政府新型コロナウイルス感染症に関するホームページ
https://wb.gov.in/COVID-19.aspx
※ ロックダウンのガイドラインは、同ホームページの「Guideline for lockdown measures」欄に掲載されます。

(2)本件ロックダウン延長に関する発表(令和4年1月31日付
https://wb.gov.in/upload/MCLNEWS-220131141645791.pdf


(お問い合わせ先)
在コルカタ日本国総領事館 領事班
電話: +91-(0)33-3507-6830(代表)
領事班緊急連絡先:+91-(0)98310-13184
email: ryoji_kolkata@cc.mofa.go.jp

Translate

ラベル

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ